保育士が足りない!?保育所が抱える問題とは

保育所に問題があるならば、国がお金を出せば良いという意見があるかもしれません。この点についても問題があります。日本は少子高齢化が進んでいます。そのため、有権者の中には高齢者が多いという事情があります。このため、高齢者にとって利益となるようなことを国はしたがるのです。少子化が進んでおり、育児関連のことについては、多くの有権者は過去のことだと考えてしまいます。それらにお金をかけるよりも、高齢者にとって有利となるような政策を実現してほしいと考える方が多くなっているのです。

これによって、政治は高齢者の方を優先するようになってしまいます。その結果として、日本では育児関連や教育関連にお金をほとんどかけられないようになっているのです。与党にとっては政権を維持するために高齢者からの票を確実に集めなければいけません。しかし、それではいつまで経っても若者を助けるような政策が後回しになってしまうのです。このような事情があるため、保育所をサポートするためのお金を増やすことがなかなかできなくなっています。

この問題は保育所に限らずあらゆる分野で問題視されているのです。この点についてはどんどん問題提起が進められているため、これからは育児分野についての補助金はもっと増えていくでしょう。